2016年12月26日月曜日

着物着付け振袖用の帯結びの写真を文化祭展示用に撮影し、スライドショーにしてYouTubuに保存したものです。

着物着付け振袖用の帯結びの写真を文化祭展示用に撮影し、スライドショーにしてYouTubuに保存したものです。

 平成21年 日生町 文化祭に出品した、帯結び写真集です。

 世代交代する前に、今のオーナーの提案で、町の文化祭に美容室として、何か展示しよう。ということになり、モデルウィッグと言う、美容師の練習用頭部マネキンをカットしたものと、着物向けヘアスタイルを作成したものを若者2人がそれぞれ展示しました。

そして私は、1時間程で簡単な基本的な変わり帯結びをして、写真を写し、展示しました。

又、文化祭に出品した写真を、記念にスライドショーにして、YouTubeにアップロードしていました。



 久々に、見ると、この中で、結び方を順次公開します。と書いているではありませんか。お約束ですので、すこしづつ、撮影して、アップロードしようと、思います。

 この動画は、帯結びの基本中の基本形を結んでいます。そこから、どのようにアレンジ展開すれば、今風の帯結びになるかも、動画と、このブログの特設ページで、ご紹介していきたいと思います。

 着物は、日本の民族衣装です。世界中探してみてください。民族衣装が、自分で着れない。着せてあげれない。そんな国がありますか?プロの秘訣?そんなものあってはならないのです。

 私は、明治生まれの祖母と、昭和6年生まれの母から、着付けを習いました。もちろん有名な先生にも習いに行きました。新幹線に乗って行きました。

 でも細かいところと基本は、母と祖母に習いました。
もちろん、私は、最高に上手だとは思っていませんが、少なくとも基本形ぐらいは、きれいに結んであげれるよう、コツを伝授いたします。